「商売人の子だからね」

生まれたころから私が生まれた頃には父はもう長いこと今の仕事をしていました。

 

子供の頃から電話番はあたりまえ、お客さんの出入りもよくあり学校から帰ると誰かがいるような生活でした。兄がうちを継ぐことになっており、私は高校生になったときに初めて自分の進路をしっかり考えました。

 

「将来の自分」を考えた日々

当時、新聞で読んだらい病の記事に影響を受けて「法曹」の世界を知り、私が目指したのは司法試験の受験。その頃は司法改革が始まる直前でとにかく法学部に進むことにしました。

 

こころに残っている言葉大学進学後に出会った今でもお世話になっている恩師に

 

「君は法曹界には合わないよ。商売人の子だし、ビジネスをやった方がきっとあってるね」

 

そう言われたことは今でも忘れていません。それが私の「強み」なのだと今は強く思っています。それから長い時間が経ち、紆余曲折を経て(ここが長い)今ようやくあのとき恩師に言われた行政書士という「ビジネス」の世界に入っていこうとしています。

 

あくまで兼業ではありますし、会社の運営を社長である兄と進めていきます。最近はアイデア出しをしたり話し合ったりしていろんなことを計画しています。長い道のりになるかもしれませんが、とにかく実行あるのみ!受験をしながら会社の経理と事務、Web関係をやってきた経験を活かしたいです。

 

あの頃描いた自分じゃないかもしれないけれど

今後の展開として行政書士として中小零細企業や個人事業主・フリーランス支援、各種許認可申請や補助金申請支援をしていく予定です。

 

年間をとおして基本的に固定給のある会社員とは違い、商売をやっていると波が必ずあります。そういう気持ちや現実がわかるからこそ、関わっていきたい気持ちが強くあります。また、ファイナンシャルプランナーの資格も持っているのでライフプラン表の作成もやろうと考えています。

 

もちろんこれまでやってきた車に関わる手続きもやっていきます。何より私の場合は会社の一角に事務所を設置させてもらったのですごく心強いです。これまでお世話になってきた方々や自分の経験を活かして、「商売人の子」として生きていきたいという所存です!

 

あの頃から見ればきっと「こんなはずじゃなかった」という気持ちもあると思いますが、これが今の「自分」です。そんな自分を受け入れてこれから前を向いて進むことのできる強さを獲得していこうと決めています。

 

まだまだ旅の途中。

 

 

兼業行政書士のブログです。開業に関することや試験のこと、日々のさまざまなことをつづっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。