新米行政書士、開業後のひとり反省会

バタバタしていたことがようやく落ち着きまして、メンタルも徐々にではありますが波がなくなってきました。少しずつですが、4ヶ月前の生活を取り戻せそうな気がしています。

 

立て直しのための振り返り

これから開業を予定している合格者のみなさん、わたしのように開業して日が浅いみなさんなどたくさんの方がいらっしゃると思います。全然参考にならないとは思いつつ、ここまでの3ヶ月でわたしがしてきたことをまとめてみたいと思います。

 

1.開業から1ヶ月目(10月27日〜11月26日)

わたしは2021年10月末に開業をいたしました。

 

開業後は知人や会社取引先のみなさんにご挨拶したり先輩行政書士の方々にご挨拶状を出したり、他士業の先生にご挨拶状を出したりと準備にてんてこまいでした。開業のためにホームページの準備をしたりと忙しく過ごしました。

 

初めてお問い合わせをいただいたのが月次支援金の事前確認でした。11月の中旬だったと思います。すごくドキドキして準備して、時間前に事務所の前で待機していましたが…結果的には予約いただいた方は現れませんでした。やはりちょっとショックでした。

 

その時は事前確認の報酬を今より安めに設定していたのですが、こういうこともあるのでは兼業行政書士としてはさすがに仕事になりません。そのため、価格をあげることでこのようなことを防ごうと考えました。

 

その後、お問い合わせいただいた方に値上げした価格を提示したところ「お願いします」ということで初仕事をお受けすることになりました。その後、11月中は数件の事前確認をさせていただくことができました。のちに無事に着金となったとうかがいました。

 

また、わたしは千葉会の先生の塾生になり、他にも10月半ばからは補助金に関する講座を月1回のペースで3ヶ月間受講することになりました。かなりいっぱいいっぱいの中でいろんな場所での行事にも参加しながらなんとか目の前のことをこなす日々が続きました。

 

2.開業から2ヶ月目(11月27日〜12月26日)

12月に入ると、会社の取引先の方から他県でのナンバー再発行のお問い合わせをいただきました。だいぶ距離があるので、現地の先生にお願いしたところ快くお引き受けしていただき対応することができました。わたしはまだ封印に対応していませんので、封印についても他の先生のお願いするかたちになりましたが無事に完了することができました。

 

他には建設業許可や飲食業許可のお問い合わせなどもいただいておりますが、まだ着手はしていません。少しずつ準備のために調べたりわかっている範囲のことをお伝えしたりとバタバタしましたが、これからやっていくことになりますのでなんとかしようともがいていました。

 

その間もいろんな行事ごとに参加し、事前確認のお仕事をさせていただきながら、行政書士会のVODや補助金の講座をこなして過ごすアップアップな日々でした。

 

年末に近づいた頃、プライベートで不幸がありました。他にもいろんな問題が降りかかってきてしまい、とにかくなんとか過ごしていかなけばともがいていました。その間は仕事も勉強も手に付かず、かなり苦しい日々でした。誰に話すこともできず、ただひたすら耐えました。

 

3.開業から3ヶ月(12月27日〜1月26日)

この1ヶ月は厳しいものでした。

 

月初めに受けようと思っていた県の封印研修にも行くことができませんでした。正直、この間のことはあまりよく覚えていません。とにかくひどい日々でした。ストレスで夜は眠れず、食欲もほとんどないようななかで、どうしたら今までのようにできるのだろうと悩み続けました。この間の日記を見直してもそのほとんどの日には『ストレスが80%』のようなメモが残されていました。

 

ストレスの原因は事務所の近隣での出来事から始まりました。詳しくは述べられませんが、苦しくて悔しくて思い出すのも嫌な状態で仕事にまで影響が出てしまいました。最終的には自分が勇気を振り絞って飛び込んでいった先のこともたった3ヶ月で派手に砕け散ることになりました。

 

この1ヶ月はまったく仕事ができない状態でした。

 

4.そして、現在(1月27日〜2月1日)

実はこの短い間がいちばんキツいときで、「人生でこんなに辛いのはこれが初めてだ!」と叫び出したくなりそうなのをぐっと堪えて過ごしました。ストレスで眠りは浅いし食事もままならない。どうしたって生きてるのが辛かったです。まったく理解してもらえずとても悲しかったです。

 

今はちょっとだけ『いのち取られたわけではないし、まだ始まってもいないことにくよくよするのは時間がもったいない』と思えるようになりました。そして『新しいことを始めようと一歩踏み出したらたった3ヶ月で盛大にコケた!!』というネタにもできるじゃないかと思い始めました(そもそもが楽天家なのです)。

 

幸いにもお仕事の方は事業復活支援金の事前確認機関になっていたので、徐々にお問い合わせもいただきながら2月に入ってからお引き受けできるかたちになりました。現在はその流れで少しずつお仕事をさせていただいております。困っている皆さんとお話をするなかで、これから自分に何かできないかと考えながらやりたいことをさらに模索中です。

 

今ならわかること

わたしはあまり人付き合いや営業活動が得意ではないので、自分から環境を変えようと頑張ってはみたものの。思い切り大失敗しました!!ですからわたしと同じように何かを始めようと飛び込んだ先で「思ってたのと違う!」とか「こんなはずじゃなかった!」と後悔することがあっても大丈夫です。

 

心配しないで大丈夫です。こんなにもしでかしたわたしがいますから。

 

もし「大きなミスや失敗をした」「信頼関係が壊れた」「もう立ち直れない」と思ってもいつか必ず振り返って「そんなこともあったなぁ」と思える日が来ます。そのために必要なことはちゃんと向き合うことです。後悔も自責も無駄じゃないですが、やりすぎは自分を壊します。お勧めしません。

 

正直、わたしは自分をものすごく責めました。どうしてこんな簡単なことに気が付かなかったんだろう?間違ってしまったんだろう?と。でも、思ったんですよ。やってみないとわからなかったって。やったからこそ気付くんです。失敗なしに進んでいったらこの先もっと大きな失敗をして立ち上がれない、と。だから今回のことは意味があったと思っています。

 

昔、人から言われた「他人を簡単に信じるな」は今になって突き刺さりましたけど(笑)

 

これからのこと

開業した頃に『やりたくないことを無理にやる必要はない』という言葉をもらったことがあります。なんでも受任される先生ももちろんいらっしゃいますし、こなせるのはすごいなぁと本当に尊敬いたします。ですが、わたしにはそれは荷が重いのでできません。

 

まずは、自分がいちばんやりたいことを考えています。それは行政書士として兼業している会社と一緒にできそうなことでもあるので自分としてはこれだ!という思いもあります。やってみないとわかりませんが、やらないで終わるよりずっといいです。

 

そして、わたしの行政書士としてのモットーは「正直であること」です。見栄を張ったりいい人ぶったりするのはタブーです。最近は『思っていたのと違ったとしたら最初の段階で断っていただいて大丈夫です、気にしないでください。お客様がいちばんいい方法をとって頂ければわたしはそれで構いません』とお問い合わせいただいた方にはお伝えしています。

 

これからはインプットとアウトプットをさらに続け、うまくいくかどうか難しいことにもチャレンジできる精神力をつけたいと思います。苦しかった日々も過ぎ、少しずつですがやっと気持ちに余裕が生まれてきました。今回は『やりたくないことから逃げる』ことができたからだと思います。

 

やってみて失敗しても大丈夫、逃げるのも勇気です。これから何かを始めたいと思っている方はそれだけのパワーをお持ちだと思いますので飛び込んでみてください。何かは得られると思います。

 

最後に

開業予定の方も開業準備中の方も自分と向き合って自分のペースで頑張ってください。わたしは全然成功してませんが、みなさんを心から応援しています。挑戦できる人は素晴らしいです。迷っている方もそのなかで最善を尽くそうとされているのだと思います。無理は禁物ですが、まずは自分を大事にいちばんに考えて欲しいです。わたしからのお願いです。

 

 

兼業行政書士のブログです。開業に関することや試験のこと、日々のさまざまなことをつづっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。