はじめまして、六法さん

行政書士会のVODで自動車業務関連の勉強をしています。自動車業務で必要になると思い、自動車六法をはじめて購入してみました。模範六法くらいの厚みがありますが、文字が大きめなのでそんなに負担には感じませんでした。感触は昔の判例六法のようで、大好きだったあの感じでとても嬉しく思いました。

 

法律の使い方というものはなんとなく勉強してきたのでまったくわからないということもないのですが、先日買ったムック本で「こういう主張をしました」という内容がたくさん書かれていて実務的な内容としてとても勉強になっています。

 

条文にあたらずにマニュアルで実務をやってしまえばそれはそれで済むこともたくさんあるでしょう。ですが、今回あえて条文をいちから読むことで「根拠法に触れてください。遠回りに見えるけれどそれが正攻法です」と昔言われたことを思い出しながら、今度は補助金関連の解説書買わなくちゃ!と思っています。

 

また、今の行政書士試験では行政書士法は出ません。そのため、今この瞬間も業際問題は生じているような気がしてなりません。わたしは行政書士法のコンメンタールを購入し、条文にあたるようにしています。ルールを知らずして業務を行うことがわたしはとても怖いです。

 

これから先も必ず根拠法に触れて学ぶことを続けていこうと思っています。

 

 

兼業行政書士のブログです。開業に関することや試験のこと、日々のさまざまなことをつづっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。