キャパオーバーとストレス

ブログ

兼業で会社の経理や事務の担当をしています。行政書士事務所を開業してからなかなかペースが掴めずにいましたが、今日ようやく振り返ることまでできるようになっていました。

 

思ってもみなかったストレスの蓄積

昨年の開業時、兼業の仕事・実務の勉強・人脈つくりの一環で誘われてあるグループに参加・活動をすることになりました。今思えばパンクして当然のように思います。キャパシティオーバーを起こしていました。

 

グループでの活動は正直プレッシャーとキャパオーバーの原因でした。右も左もわからない状態のうえ、コロナで思うような動きができず、結果的にグループの活動を休止することに決めました。そうしたところ、会社の仕事や勉強の時間とメンタルの維持を確保することができるようになりました。人間関係やわからない活動に自分の心を持っていかれる辛さと悔しさが身に染みました。大変勉強になりました。

 

一歩踏み出せ

ようやくこれまでしていた仕事の調子を取り戻し、ここからは今までしてきた仕事以上の仕事をしていきたいと思っています。昨年頃から会社の仕事の事業計画を作っており、自分の事務所の事業計画を併せて作っているところです。今は準備段階として過去の決算書と睨めっこしながら過ごしています。

 

去年の開業時にしたかったことをコロナが落ち着いたらすぐに行動して実行しようと考えています。この4ヶ月弱でわたしはしっかり落ち込むくらいの失敗をしました。本当に辛く、人生でいちばんと言っていいほど辛い日々でした。そんな日々を越えた今思うことは「やらない後悔よりやった後悔でいいじゃないか」「臆することなく、自分から進んで失敗したらなそれでいいじゃないか」ということです。

 

きっと何もしなかったら得られなかったことだと今は思っています。小さな失敗をたくさんして、大きな成功を掴みたいです。小さな成功の積み重ねより学ぶことの多い小さな失敗の積み重ねが大切だということに今さらながら気がついたわたしでした。そして、どんなにうまくいっても人から信頼されるような謙虚な自分でいたいと思っています。

 

 

コメント