もうすぐ開業して5ヶ月です

早いものでもうすぐ3月も終わります。開業してから行政書士としてはそんなにたくさんの仕事をこなしてきたわけではないのですが、嬉しかったことやヒヤっとしたことがあるので綴ってみたいと思います。

 

嬉しかったこと

ご紹介のお仕事をいただいたこと、そしてお礼の言葉をいただいたことやお土産をお持ちくださるお客様やここのブログの「腰痛です」をお読みいただき、体調にお気遣いいただいたことです。本当にありがたく、「やっていてよかった」と思えるできごとでした。

 

わたし自身はあまり自己肯定感というものがないうえ、これまで表立って仕事をしてきていない(草葉の陰のような存在で生きてきましたので)人様から直接褒められたり感謝されることにも慣れていません。少しこそばゆい気持ちにはなります。それでも繰り返しおっしゃっていただく『ありがとうございました』のお言葉は本当に本当に嬉しかったです。

 

「もっと誰かの役に立ちたい」と思うこの気持ちは今後行政書士という仕事を続けていく力になるのだと強く感じました。

 

ヒヤっとしたこと

これは開業前後のみなさん、本当にお気をつけいただきたいことです。事件簿ちゃんとつけましょう!(笑)行政書士法9条大切ですよ。

 

わたしは開業前に「開業セット」を購入していたため、その中にあった業務日誌と事件簿はつけていたんですがたまに漏れがあって『まずい!!』とヒヤリハットしました。登録式でもらった請求書兼領収書を使用していたんですが、事件番号の記入欄は明確にないので自分で事件簿と同じになるように記入しています。

 

登録式では問題になった「職務上請求書」(個人情報にかかる書面の請求に使うもので、厳格な運用が求められています)の説明は受けたのですが、事件簿関係は正直説明があったようななかったような…(聞いていなかっただけなら申し訳ないです緊張していたので)

 

試験科目から行政書士法がなくなってから相当経ちます。自ら学ぶ機会を作らねばなりませんが、絶対に必要ですし関連士業の法律も知っておくべきです。自分が仕事をするにあたって何が許され何が規制されているかを理解することは絶対に必要です。ぜひ怠らずに勉強してください。

 

ちなみに行政書士法コンメンタールの最新版は4月下旬に発刊されます。お持ちでない方、お持ちでも版が古い方(わたしです)はぜひ買いましょう!わたしはAmazonで予約完了しています。

 

もうすぐ春がやってきます

もうすぐ4月がやってきます。新しいことを始めるにはいい機会ですね。最近、行政書士の先輩方のセミナーや勉強会に参加することが増えてきました。研修所のVODも新しいものができてきて、追いかけるのにいっぱいいっぱいです。

 

それでもわたしはこの仕事から喜びや学びをたくさん得てきました。これからこの仕事を続けていくためにもブラッシュアップしていろんな人に会いに行ってコツコツ続けていきたいと思います!

 

 

兼業行政書士のブログです。開業に関することや試験のこと、日々のさまざまなことをつづっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。