詐欺メール・詐欺SMS情報 その6

情報

 自分の住む地域のニュースになりますが、被害件数が少ない割に一件あたりの被害額がだいぶ多くなっているようです。年末にむけて、お金も動いてくる頃かと思います。これまで以上に気を付ける必要があるのではないでしょうか。今回は、前回と違ってかなり悪質性を感じたものをご紹介します。

携帯電話会社を騙る詐欺メール

 これはドコモを名乗るメールです。利用料金についてはドコモ特有のメール(メッセージR)できます。話したいことがあるということ自体あり得ません。なお、「ご連絡下さい」となっている050の番号ですが、架空請求の迷惑番号であることがわかりました。

 絶対にかけないでください!

銀行を騙る詐欺メール

 イオン銀行に口座を持っていない人に送られたメールです。危険なのでURLは絶対にクリックしないでください!フィッシング詐欺の可能性が大きいです。個人情報が出ないようにすぐに消しましょう。

 イオン銀行の使用しているURLは「aeonbank」なので、かすってもいません。こういうときは、まずネットで公式サイトを検索することが必要です。誘導しようとしているURLがおかしいことはそこですぐにわかります。

 今度は三菱UFJ銀行を騙る詐欺SMSです。三菱UFJ銀行は登録したメールアドレスには通知がくることがありますが、口座凍結の情報がSMSでくるはずがありません。絶対にクリックしないでください!URLも嘘です。正しくは「mufg」で「mufgrr」は詐欺用といえます。

 この番号も検索をかけると、詐欺の発信元として情報が掲載されていました。そもそも、メガバンクがこのような番号で個人にSMSを送信すること自体あり得ないです。

 また、このようなSMSはSIMを乗っ取る目的で送られてきている疑いがあります。絶対にURLはクリックしないようにしましょう!

正しい情報は公式ホームページから確認!

 一例として、楽天カードのページを引用してみました。

楽天カードを装ったショートメール(SMS)において、電話連絡を促す、不正なサイトへの遷移を促すメッセージが配信されております。覚えのないショートメール(SMS)を受け取ったお客様や覚えのないメッセージを受け取ったお客様におかれましては、電話連絡をいれない、URLをクリックしないようご注意ください。

楽天カードから配信するショートメール(SMS)について

楽天カードからショートメール(SMS)を配信する場合の発信元番号と内容は以下になります。

発信元番号

ソフトバンク以外
0570666910、0570069101、0923035950、0923037857、05058173525、05058170000、0120691064
ソフトバンク
上記番号のほかに、0032069000、32069000、21092で通知される場合がございます。
※SMSの受信料は無料です。

楽天カード 不正なSMSにご注意ください

 銀行やカード会社のホームページには、正しい発信元の情報が掲載されています。自分で問い合わせをした場合を除いて、身に覚えがないSMSやメールは簡単に開かない・クリックしないを心がけましょう。

見覚えのないものは無視!

 何度も申し上げていますが、とにかく慌てず焦らずに開いたりクリックしたりしないことです。そして、身に覚えのないものは無視して削除するようにしましょう。銀行や携帯電話会社からのアクセスでSMSが使われることは限られます。

 また、登録しているメールアドレスがどれなのかをきちんと把握しておきましょう。それだけでも不審なものは見分けることが可能になります。本当に注意しましょう!

コメント