PrimeVideo 6月ラインナップと視聴

映像

今月分の新着作品の情報が公開されました!私が気になっている作品をピックアップします。見たら感想をUPしていく予定です!

全体の新着情報はこちらから

気になる作品チェック

2024年6月5日(水)
『日本で一番悪い奴ら』

原作は稲葉圭昭による『恥さらし ―北海道警 悪徳刑事の告白―』(講談社文庫)であり、稲葉事件をモチーフに、現役警察官による覚せい剤取引や拳銃売買、そして背景にある警察の組織的な裏金作りや不祥事、それに翻弄され没落していく道警刑事を描いた作品。

wikipedia

綾野剛さん主演の警察が起こした事件をもとにして作られた作品です。以前も配信されていた気がしなくもないんですが、まだ見ていませんのでこれを機に見たいと思います。

2024年6月6日(木)
『死刑にいたる病』

2022年に公開された映画『死刑にいたる病』は、社会を震撼させた連続殺人犯に冤罪証明を依頼された大学生が、その調査過程で謎に満ちた事件の内容と、被告人の壮絶な生い立ち、そして予想を超えた真相へと迫っていく犯罪ミステリーだ。

スカパー!

キュルケゴールの『死に至る病』ではございません。ミステリー小説原作の作品です。「凶悪」「孤高の血」の白石和彌監督が櫛木理宇の小説「死刑にいたる病」を映画化したサイコサスペンスです。予告の阿部サダヲがなかなかの怪演をしていて、気になりました。

2024年6月12日(水)
『アヒルと鴨のコインロッカー』

人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を、「ルート225」の中村義洋監督が映画化した青春ミステリー。大学入学のため仙台に引越してきた椎名は、隣人の河崎から奇妙な計画を持ちかけられる。同じアパートで暮らす引きこもりの留学生ドルジに広辞苑を贈るため、書店を襲撃しようというのだ。椎名は誘いを断りきれず本屋襲撃を手伝うハメになるが、この計画の裏には河崎とドルジ、そしてドルジの彼女で河崎の元恋人・琴美をめぐる切ない物語が隠されていた。

映画.com

たぶん濱田岳さんをはじめてちゃんと認識した作品です。伊坂作品はラストのどんでん返しが多いのですが、『アヒルと鴨のコインロッカー』はラストの「嘘でしょ」感が本当に好きな作品です。ちなみにいちばん爽やかにどんでん返しされて今でも一番なのは『運命じゃない人』、次が『アフター・スクール』という、結局は内田けんじワールドが大好きな私です。中村義洋監督も好きですよ!


『フィッシュストーリー』

1975年、早すぎたパンクバンド「逆鱗」は世間に理解されぬまま、最後に「FISH STORY」という曲を残して解散した。1982年、2009年と時は流れて2012年、彗星激突の危機に見舞われた地球を救った陰には、「FISH STORY」の存在があった……。伊坂幸太郎の同名小説を、「アヒルと鴨のコインロッカー」に続き中村義洋監督が映画化。「逆鱗」ベーシスト役で伊藤淳史が映画初主演のほか、高良健吾、多部未華子、森山未來、濱田岳、大森南朋らが出演。

映画.com

渋谷ユーロスペースで観た覚えがあります。濱田岳さんの演技に注目。また観られると思うと嬉しいですね。この作品、森山未來さんの演技がべらぼうに素敵で最高に好きだったのを記憶しています。多部未華子さんが可愛い。高良健吾さんはこの作品で知って、のちの『劇場版ハゲタカ』で大森南朋さんと再度同じ作品に出られてるんですよね(シーンが被ってなかった記憶)。おふたりともイメージが違いすぎて、さすが役者さんだなぁと思いました。

6月更新作品は日本映画のみ

海外作品や韓国作品はまだ観ていない作品があるため、今月の更新で気になった・観る予定はこの4本ということになりました!なお、今月は絶対に『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』を観ます!!あと、山本由伸のドキュメンタリーも。楽しみです。

コメント